市長と語りたいな


img_1589-1-1024x768
新山保育園が、休園から再開され子ども達を預けて大人同士の交流もあり喜んでいますが、老朽化による耐震性が心配という声がお母さんたちから出ていました。

どうしたら思いを伝える事ができるのかと考えて、署名活動をしようという動きになっていましたが、定住促進協議会で話し合う中で「実際に保育園に通わせている親、地域で子育てをしている親の思いを市長に直接聞いてもらうことが第一なのではないか。」という意見が多数出ました。

そこで、市長と意見を交換する「市長と語りたいな」が、保護者会と新ママクラブ共催で開催する運びとなりました。

先ずは市長からのお話。

市長と板山園長先生は、長く仕事を共にされて来たそうで、保育に関する思いや、40年前からの新山での思いや活動を伺いました。

そして、進行の保護者会長が、楽しい雰囲気で市長や保護者へ話しを繋いでくれたので、笑いあい和やかな感じに進んでいきました。

市長から「今後の見通しがね。」と言われると、「市長、あそこに妻が座っています。僕も頑張っていますよ〜!」と、妊婦さん数人を紹介。

「頑張っても、年に一人ぐらいしか産めません。問い合わせも多いいと聞く、移住希望者の住める住宅の事は、いかがお考えでしょうか?」と聞いて、市長からは、「空き家をシェアして、住めるように準備しておくとかね。」と率直な意見が聞けました。

「市長!金子さんのブログは、ご覧になられたことありますか?」なんて、気の利いたことを聞いてくれて、「たまにね。写真が綺麗だよね〜。」と、嬉しい一言。

保育園が再開されて良かった事、この地に移住した理由、他と比べて感じる新山の良さ、など、うんうんと頷ける話しがお母さんたちからありました。

最後には「保育園の老朽化がよくわかったので、保育園の建て替えと小学校の給食室の事は、検討していく。」と市長から聞けて、みんなで拍手で締めくくりました。

img_1591-1024x768
その後、場所を集落センターに移しお酒の時間に。

img_16041-768x576保護者以外に、地域の方々にも多く参加いただきました。更に、ざっくばらんに話しが弾み、わたしはビックリするほどの笑顔😆

小学校の教頭先生も赤ら顔になってまーす!

市長を見送る際には、自然とお母さん達からタカシコールが!!

市長を見送った後も、このままお泊まり会したいほどの盛り上がりとなりました。

園長先生、定住促進協議会の方々、保護者の方々、準備や子ども達の世話など、いろいろありがとうございました。

そして、地域で取り組んできた、新山小学校の自校給食室の存続への取り組みや、新山保育園の老朽化への心配が、良い方向に検討されることとなり、本当に嬉しく思います。新山の絆が、更に深まった夜となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です