上伊那農業高校 畜産班を訪問


新山のイベントではお世話になっている、上伊那農業高校の畜産班を訪問しました。

正門から入って、グングン進んだ所に、活動場所がありました。

ちょうど、銀座ナガノのイベントで提供する「上農丼」の試食タイムに滑り込み、いただきました〜!

「大きい丼が2個あるから、金子さん1個。あとジャンケンで勝った人ね!」っと、気合いの入ったジャンケンポーズの顧問。境先生。

「ちょっと待って!わたしもジャンケンする!!」と、全員でジャンケン。

良い感じで、境先生と紅一点の男子生徒が勝利🏆

感想を述べ合いながら、いざ銀座へ。

その後、昨年に食品営業許可が認められた場所を案内して貰いました。

ここで、鹿肉ジャーキー「でぃあでぃあ」が作られています。

解体したり、切ったり、スモークしたり、あれこれと。

帰り際、目に付いたものがあって、聞いてみると、牛の卵子凍結。長〜いチューブで採卵して、人工授精をしていたそうです。

「わぁ。すごい!わたしと牛のドッキングとかも、出来ちゃうの?!」と聞くと、「せぇへんけどね。」と軽い反応。忙しいのに、すいません。

境先生の専門は、これなんだけど、最近は鹿ばっかりだそうです。

実験用マウスやラットもいた。高校生で、そんな勉強するなんて。わたしも高校生になりたい。

2 comments

  1. 「サカイ先生」って蕎麦打ち名人のサカイ先生ですね。さすが、鹿肉もこねくりまわしちゃうんですね。春のドローン映像素敵でした。「春まつり」みたいなところと保育園でしか人が写っていないのがまた良かったです( ´艸`)。

    • こんにちは。
      あの蕎麦打ち名人です(*^^*)

      ドローン映像。こういった場所ならでは、ですよね。
      いつも、ありがとうございます٩( ᐛ )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です