キャンドルナイト


廃油で作ったキャンドルで、夏至の夜を楽しみました。

夏至とは、一年で最も昼が長くて、夜が短い日。太陽の有り難みをより感じられる日。古代から夏至は、農耕の目安や祝いの対象として重んじられてきました。近年では、あまり夏至を意識することが少なくなっていますが、新しい風潮として夏至に電気を消して過ごそうという試みがなされています。

そんなことで、我が家でも、庭で早めの夜ごはんを食べて、お酒もおしゃべりも楽しみました。

それでも明るいので、息子達メンズチームは自転車で、新山散策。

焚き火で、まったりしていると、満天の星空〜✨

新山に来て、1番の夜空に、暗闇散歩も堪能。

ふと、日にちを勘違いして、1日早めの夜だと気がついた!

まぁ、こんなに楽しんだから、オッケー😆

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です