富県地区狼煙上げ


晴天の秋晴れ。

武田信玄狼煙リレーが行われました。

その昔、重要な通信手段として用いられてきた狼煙(のろし)。

南信州一帯を会場として、戦国武将、武田信玄が使った狼煙をリレー形式で再現。諏訪市大見山からスタートし、伊那谷を南下して、長野県根羽村まで続くそうです。

富県地区では、高烏谷山つが平が会場でした。気持ちが良い〜🍀

狼煙の由来は、燃料の藁に狼の糞を混ぜると、煙が垂直に上がるという言い伝えによると言われています。

今回は、何か混ざっているのか、聞くの忘れちゃったなぁ。

手良地区の煙を確認し、点火〜😊

バチバチと勢いよく燃え、煙が上がりました。

たなびく煙に歴史のロマンを感じる、ような😆

材料を変えて色分けし、連絡情報を分けていたなんて、凄いなぁ。

今回は、ドローンでも撮影しました。

よーく見えています!

最後は、消防団の方と火を消して、終了。

戦国時代を思うと、平和な暮らしに感謝です😌

新山軽トラ市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です