楽しいあつまり 新山保育園


地域の方もお招きして賑わった、楽しいあつまり会。

全幼児の合奏や全員の歌、3歳未満児、学年ごとの 劇やハンドベルの発表。

新山小学校1、2年生のお楽しみ発表、保護者のお楽しみ発表もあり、盛り上がりました。

img_9203-0-2-1024x561

地域の方と、保護者、ジイジやバアバと、大人の方が多い中、保育園児達は緊張しながらも、元気に楽しませてくれました。
保護者がステージに上がった時にも、「〜さん、可愛い〜!」「ママ、可愛い〜!」と応援してくれました。

保育園のお母さん同士、名前で呼び合っているので、名前で呼んでくれる子もいます。小さなお友だちに名前で呼ばれるのは、嬉しいです!

3歳未満児さんも、先生と一緒に元気に発表。「ひよこのおふろ」という劇で、お風呂に入る時には、懐かしい「ばばんば バンバンバン!」の歌。笑いも起こり、可愛い姿に大きな拍手。

そして、来年小学生になる4人のハンドベルと将来の夢の発表。

1人ずつ、しっかりと自分の夢を発表していました。

いつも、「ショベルカーの運転手」と言っていた男の子が、今回は、「はつめいか」に。

「あれ?」と思ったら、

「発明家になって、今より凄いショベルカーを作りたいです。」

「そして、それを自分で運転したいです。」と。

なれるなぁ。と思いました。

また、「ショベルカーの運転手になって川を作りたいです。」と言う男の子も。

みんな、大人を見てるし、周りの事もしっかり見えてるんだな。と驚きました。大人も頑張らなくちゃいけない!と元気をもらえた発表でした。

img_9211-1-1024x576   新山小学校の1、2年生も学年ごとと合同の発表をしてくれました。

1年生は、夏の七夕コンサートよりも、ずいぶんしっかりとした感じで、元気いっぱい。        2年生は、相変わらずの歌の上手さ。心地よいハーモニーです。

小学校に帰る時には、「ありがとうございました。」と元気よく挨拶をしてくれて、保育園側もお礼を言って見送りました。気持ちの良い挨拶に心が和みます。
最後は、全員で「うさぎ野原のクリスマス」を歌いました。

「うさぎの腹がどうしたの?!」と息子やお友だちもナゾのようでした😅 「野原だよ。」と説明するけど、わかったかどうか…

地域の方の、知っているお顔もいっぱいで、「こんにちは〜!」「お母さんの発表良かったよ。アンコールって言ったんだけど。来年は、2、3曲用意して!」など、嬉しい会話も。

地域の力、地域で子育て。

顔が見える環境で安心子育て。

未来につなげたい。
伊那市新山への定住・移住のご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

 

かねこやすこ

かねこやすこ

千葉県育ち。短大卒業後、5年間日本橋三越で勤務。その後、医療事務やエステティシャンとして働くが、夢だった外国暮らしを実現するためニュージーランドへ。現在の夫と出会う。帰国後もバックパックを背負い数十カ国を旅する。 2015年4月、横浜から伊那市新山へ移住。地域おこし協力隊として3年間活動後、2018年5月伊那市にてフェイシャルエステサロンを開業。https://biyori-facialsalon.com 現在、夫と7歳の息子と新山での田舎暮らしを満喫中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です