桜の会で


img_0082-2-1024x576 暖かい日が続いていたのに、目を覚ますと久しぶりの雪景色。

そんな中、先週に続き桜の会のひな祭りにお呼ばれして行って来ました。そして、前を歩くのは新山保育園のみんな。園長先生も1歳のあこちゃんもおんぶされて参加。お留守番さんはゼロ。

img_0084-2-1024x576 img_0085-1-1024x576

保育園児は、吊ってあるお雛様が気にいったようで、音に惹かれたり、人参や大根、魚や鶴など、目にするいろいろな事を声に出して楽しんでいました。

img_0086-1024x576 まあるくなって、一人ずつ自己紹介。園長先生が、付け加えて説明。「あーおばあちゃんにそっくりだね。」「お母さんにそっくりだわー。」「あっ!金子さんの子?」なんて、桜の会のおばあちゃん達、手を叩きながら楽しそう。「可愛いね〜。」と、にこにこです。

みんなで、「ひな祭り」を歌いおやつをもらって保育園に元気に帰って行きました。

img_0087-1-1024x576

園長先生は、100年以上前の紙のお雛様や、「高砂」、お孫さんの話と、話題が尽きず「すっかりおばあちゃん側だわー。あっ!鍵、わたしが持ってるよ。」と慌てて帰り支度。「転ばないように〜!」と見送られ、笑顔で去って行きました。

img_0089-1024x576「金子さん、お茶しよう〜。」と
わたしのお母さん、実家の話となり
「お母さん来たりする?」
「実家、千葉でね。夏の暑い時に泊まりに来たよ。」
「千葉のどこ?」
「千葉県富里市。」
「うそ!!娘が住んでるの。富里市七栄。」
「えー!うちも七栄。」
「うそ、ウソ、嘘〜!!」と、手を取り合って驚いちゃいました😊

漬物の話から、いろいろな食べ物、保育園の老朽化、お年寄りも預けられる場、田舎暮らしモデルハウス、わたしの仕事など、たっくさんお喋りして笑って、帰りに煮物やら白菜やら頂いて帰りました。

「たくさん食べろ。」と、柴さんがよそってくれたり、前回より甘酒も美味しく飲めて、ほっこりした時間を満喫しました。

帰る頃には雪もなく、明るくなっていました。

夜には満天の星。「綺麗だなあ。」と空を眺めながら、1年前に暗闇に寂しさを感じたのが嘘のようだと思えるほど、心のゆとりを感じます。

想像もしていなかった、この1年の出会い。
素晴らしいです。

 

伊那市新山への定住・移住のご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

かねこやすこ

かねこやすこ

千葉県育ち。短大卒業後、5年間日本橋三越で勤務。その後、医療事務やエステティシャンとして働くが、夢だった外国暮らしを実現するためニュージーランドへ。現在の夫と出会う。帰国後もバックパックを背負い数十カ国を旅する。 2015年4月、13年間暮らした横浜から伊那市新山へ移住。地域おこし協力隊として3年間活動後、2018年5月伊那市にてフェイシャルエステサロンを開業。https://biyori-facialsalon.com 現在、夫と7歳の息子と新山での田舎暮らしを満喫中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です