五平餅作り


img_0902-1024x768
新山の夏と言えば

「トンボ観察会」

そこで、地域の方が作る「五平餅」が大人気!

「一緒に若い人にも参加してもらって、作り方も覚えていってもらいたい」と、お声がかかり、初めての五平餅作り😊

餅米を加えたお米を「半殺し」程度まで潰す。炊きたてで暑いし、結構な力仕事だよ。

いい感じになったら、丸めていきます。        あんまり小さくても薄くても、串に刺しずらい。ほどよく力が入っていないと崩れちゃう。

ベテラン先輩は、職人技のようにリズミカルでツヤツヤ。

「すごい速い〜!うわーすごいよ!」  と驚いて真似してみようと思っても出来ないし、「そう?無理しなんで良いよ。」と優しい。

「あんまり言うのもなんだけど、ちょっとこれはどうかい?」「そんなの言った方が良いよ〜。」「言ったって、良いよね〜。」と、ちょっと遠くからのやり取りは、面白かった。

わたしの周りでは、七夕コンサートの感想を話したり、方言クイズをやって楽しんだ😆

全然聞いた事がなくて、何のことだろう?って考えているのに、みんなに「え?言わない?」「知らない?」「これ方言なの?」と。お互い驚いて、笑った笑った😄

聞いた事がないから、すっかり忘れちゃった!!また、聞いておこう〜。

img_0908-1024x768
休憩には、できたての五平餅とお漬物。美味い!初めて食べたズッキーニのお漬物、美味しかった〜。

「わたし達も、こうなるんじゃない?」「この人役は誰よ?」と、未来の自分達を想像しながら笑って。

ふくらはぎが怠くなったり、腕が筋肉痛になったり、報告しあって。

次の日まで、みんなで笑った〜😄

伊那市新山への定住・移住のご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

かねこやすこ

かねこやすこ

千葉県育ち。短大卒業後、5年間日本橋三越で勤務。その後、医療事務やエステティシャンとして働くが、夢だった外国暮らしを実現するためニュージーランドへ。現在の夫と出会う。帰国後もバックパックを背負い数十カ国を旅する。 2015年4月、横浜から伊那市新山へ移住。地域おこし協力隊として3年間活動後、2018年5月伊那市にてフェイシャルエステサロンを開業。https://biyori-facialsalon.com 現在、夫と7歳の息子と新山での田舎暮らしを満喫中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です