バター作り体験


新ママクラブ「親子で楽しむ木育・食育」企画。第2弾!

~バターを作って、作ったバターナイフを使おう~

と、長野県の鷹山ファミリー牧場に行ってきました。

IMG_1626

大型の伊那バスを貸し切りましたが、当日来られなくなった家族があり、30名弱でゆったりと2時間ほどの移動も楽しめました。

バター作りまで、ヤギやウサギに摘んだ草をあげたり、馬にさわったり、お散歩したり、のほほんと自由に過ごしました。

IMG_1651

そして、楽しみにしていたバター作り体験の時間。

IMG_1664

説明を聞いていざスタート。10分間振り続けないと作れないと聞き、みんな必死にがんばりました。

「ノリノリの曲かけてやりたいねぇ。」「両手でやったほうがバランスとれそう。」なんて言いながら、勢い余って、ボトルから牛乳がこぼれたり、落としたりしましたが、10分後ちゃあんと出来上がっていました。「こんな感じになるんだねぇ。」「思ってたのと違う。」「白いなぁ。」といろいろな感想がでました。そして、持参したバターナイフの出番です!おり絵さんがパンキエストで注文してくれたバターロールに出来立てのバターをぬって「いただきまーす!」

IMG_1680

普段食べているバターより柔らかく、ピンポン玉程のバターはあっという間にたべ終わりました。美味しかったです!

IMG_1659

そして、うれしいことに体験チケットの半券2枚で牛乳と交換でき、美味しい牛乳も飲めちゃいました。

その後は自由行動。

川で水遊びが一番人気で、恥ずかしがっていた女の子たちも、服を脱いで楽しんいました。

IMG_1697

息子は「マスつかみ」と「ポニー乗り」を体験。

頑張ってつかめたマスを串焼きにして食べたり、お兄さんに「しっかり紐を握っていてね。」と言われたので「ひろくーん!」と声をかけられても手を振ることが出来なかったポニーの背中も、良い経験になり思い出になったと思います。

家族でゆっくり、友達とたっぷり遊んで、自然の中で過ごす一日は、大人にとっても子どもにとっても、良い体験になりました。

 

かねこやすこ

かねこやすこ

千葉県育ち。短大卒業後、5年間日本橋三越で勤務。その後、医療事務やエステティシャンとして働くが、夢だった外国暮らしを実現するためニュージーランドへ。現在の夫と出会う。帰国後もバックパックを背負い数十カ国を旅する。 2015年4月、横浜から伊那市新山へ移住。地域おこし協力隊として3年間活動後、2018年5月伊那市にてフェイシャルエステサロンを開業。https://biyori-facialsalon.com 現在、夫と7歳の息子と新山での田舎暮らしを満喫中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です