移住者の溶け込み支援に積極的に取組むモデル地区に認定


長野県が移住者の溶け込み支援に積極的に取組むモデル地区に、県内3地区を認定し、新山地区も入りました。

他は、下伊那郡阿智村清内路地区、諏訪郡原村です。

「最近、よく新聞で新山の事が載ってるねぇ。」

「新山って伊那市にあって、伊那市じゃないみたいな感じがする。」

「昔は、過疎地域だと思っていたけど、若い人の力を感じるよね。」

など、あちこちで、声をかけてもらっています。

保護者会長の細井さんが「新山頑張って!」と市長からも声援を受けたそうで、新山への注目、期待を感じます。

PRしてもらっても、住宅の問題などもあるので、課題解決に向けてみんなで頑張っていきたいと思います!

https://www.pref.nagano.lg.jp/iju/documents/presssiryou0104.pdf

 

かねこやすこ

かねこやすこ

千葉県育ち。短大卒業後、5年間日本橋三越で勤務。その後、医療事務やエステティシャンとして働くが、夢だった外国暮らしを実現するためニュージーランドへ。現在の夫と出会う。帰国後もバックパックを背負い数十カ国を旅する。 2015年4月、横浜から伊那市新山へ移住。地域おこし協力隊として3年間活動後、2018年5月伊那市にてフェイシャルエステサロンを開業。https://biyori-facialsalon.com 現在、夫と7歳の息子と新山での田舎暮らしを満喫中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です