トリムバレー大会


主人が地区の「公民館」担当になった。今回のトリムバレー大会や山登り、敬老会や新山まつりなどで、準備や運営などが役割りのようです。

毎週、新山小学校で練習している「新山トリムバレーチーム」に加わって数回練習し、人生初のトリムバレー大会を迎えた主人。

わたしも息子と一緒に応援しに行った。はずが、欠員が出たので、急遽、わたしも参加する事に!

驚いている間もなく、「新山公民館チーム」の試合が始まった。主人も初めてだけど、新山保育園で一緒のパパも初めて。柔らかく軽いボールに振り回されて、力加減が難しい様子。

3回で返さないといけないので、2回で返しちゃったらだめだし、1回触ったら、もう手を出したらだめなので、結構難しい。残念な結果に終わりました。

そして、説明を聞き、練習をして、わたしのチーム「北林」の試合開始!保育園ママと保育園ばあば、顔見知りの男性だったので、一安心。

迷いなく自分の所に来たボールを受けていたら、ほぼほぼ遠くへ飛んで行った。たまに、地域のおじさまの顔を直撃!ボロ負けの結果だった。

2回戦からは、みんながこれじゃいけないと思ったのか、動きが一気に変わった。全力で拾いに行くばあば。それを受けるママ。そして男性が返す!というパーフェクトな流れに。

わたしは、まさかのボールを追いかけるぐらいだったので、ぐんぐん点が入り、勝った!

3回戦は、主人のいるチームと対戦。サーブが主人になると、わたしが狙われ、点が相手チームに入り出したが、こっちの全力メンバーが、防御。この回も勝利!

後で、地域のおじさまから、「夫婦関係がよく分かったよ。」と、ニヤリ。

いよいよ最後の4回戦。接戦の戦いとなり、たまに来るボールや続くラリーに緊張した試合だった。「良いよ。」とハイタッチ。「良い動きだったよ。」と声をかけてくれるばあば。爽やか〜。

そして、勝利〜!結果、初級チームで準優勝!!

全力チームのチームワーク、万歳!初めてのトリムバレー。とっても楽しかった。

翌日、筋肉痛になったし、練習にも声をかけてもらえたし、これから、やっていこうかなぁ。

 

 

かねこやすこ

かねこやすこ

千葉県育ち。短大卒業後、5年間日本橋三越で勤務。その後、医療事務やエステティシャンとして働くが、夢だった外国暮らしを実現するためニュージーランドへ。現在の夫と出会う。帰国後もバックパックを背負い数十カ国を旅する。 2015年4月、横浜から伊那市新山へ移住。地域おこし協力隊として3年間活動後、2018年5月伊那市にてフェイシャルエステサロンを開業。https://biyori-facialsalon.com 現在、夫と7歳の息子と新山での田舎暮らしを満喫中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です