新山小学校と言えば、七夕コンサート


雨が降り、小学校から聞こえてくるドラムの低音が響きわたる、幻想的な日々だった、6月下旬。

「七夕コンサート」当日も雨降り。でも、ワクワクで足取り軽やかに、小学校へ向かった。

「失敗なの?」「演出なの?」「始まったの?」と、引き込まれるオープニング。全校生徒で、とっても楽しく始まった。1年生の可愛さにも、キュン。ここだけじゃぁ、勿体無い。ぜひお披露目して欲しい、一曲でした。

学年ごとに、それぞれカラーがあって、演奏だけじゃなくて、ミュージカルを観に来てる気分になる、楽しいステージ。

気になる1年生。始まった〜🎶

ご存知「かえるの歌」が、沖縄だったり、アラビア、中国、着物時代の日本バージョンに、アレンジ。

ドラえもんのどこでもドアで、旅して大好きな新山に戻って、「夢をかなえてドラえもん」を、タケコプターやどこでもドアを見せながら、歌って。良かったね〜。

この歌が大好きな、わたし。たまに自分で歌っても泣いちゃう。これは感動〜。

そして、お楽しみな「職員の発表」

なんだ?誰だ?と思ったら、「サザエでございまーす。」の美声が!

楽しいサザエさんの後は、雰囲気がガラリと変わって、「見上げてごらん夜の星を〜。」

ハーモニーが素晴らしい!!

休憩を挟んで、保護者の発表は、天空の城ラピュタ「君をのせて」

小学校と保育園の保護者、小学校の先生も参加してくれたので、観客席は、ほとんど空席。歌いながら、地域の方々が良く見えました。

保育園児も、可愛い姿と歌声で会場を沸かせ、お誕生日の子にサプライズのバースデーソングを歌い、地域のみんなで楽しんだ七夕コンサート。

小規模ながら、立派な楽器が揃い、誰もが主役。

わたしの中では、新山小学校と言えば、七夕コンサート🎋

 

 

 

 

かねこやすこ

かねこやすこ

千葉県育ち。短大卒業後、5年間日本橋三越で勤務。その後、医療事務やエステティシャンとして働くが、夢だった外国暮らしを実現するためニュージーランドへ。現在の夫と出会う。帰国後もバックパックを背負い数十カ国を旅する。 2015年4月、横浜から伊那市新山へ移住。地域おこし協力隊として3年間活動後、2018年5月伊那市にてフェイシャルエステサロンを開業。https://biyori-facialsalon.com 現在、夫と7歳の息子と新山での田舎暮らしを満喫中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です