新山保育園の建て替え


現実的になってきたたぞー🙌

伊那市 新山保育園の建て替え

18年度設計へ
給食施設と学童クラブ併設
伊那市は老朽化している新山保育園の建て替えを計画、2018年度から用地測量と設計業務に着手する。

現園舎(W造平屋、延べ445.79㎡、定員40人)は1963年に建てられ、施設の老朽化と非耐震構造のため、移転建て替えを行う。敷地内には診療所もあり3月に廃止する予定。新園舎は新山小学校南側の職員駐車場に建設する予定で、園舎と給食調理施設、新山集落センターにある学童クラブも移し、併設する。給食調理施設にはランチルームを設け、同小学校と渡り廊下で結び、児童と園児が使えるようにする。新たな園舎の規模は未定だが、定員は現在の30人を受け入れる。

18年度新年度予算で用地測量と設計業務費を計上する考えだが、市長選挙を控えているため骨格予算となるもようで、補正予算での対応も視野に入れている。順調ならば、19年度に工事を行い、19年度か20年度の完成を目指す。3カ年実施計画では、総事業費2億5900万円で、18年度に用地測量と設計(4280万)、19年度に建設工事(2億370万)、20年度に解体工事(1250万)を見込んでいる。

新建NEWS 中南信版(2018年1月9日)の記事より

 

http://www.shinken-news.jp/tyunanshin/post.php?n=277784&PHPSESSID=0bc636f246ed331f00256a1ee7e1bd4a

かねこやすこ

かねこやすこ

千葉県育ち。短大卒業後、5年間日本橋三越で勤務。その後、医療事務やエステティシャンとして働くが、夢だった外国暮らしを実現するためニュージーランドへ。現在の夫と出会う。帰国後もバックパックを背負い数十カ国を旅する。 2015年4月、13年間暮らした横浜から伊那市新山へ移住。地域おこし協力隊として3年間活動後、2018年5月伊那市にてフェイシャルエステサロンを開業。https://biyori-facialsalon.com 現在、夫と7歳の息子と新山での田舎暮らしを満喫中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です