スーパーフード✨「さるなし」


先日、お誘いを受けて、新山でさるなし狩りを楽しみました。

 

アンチエイジングにも

アンチエイジング食品として注目される果物、さるなし。「不老不死の果実」と呼ぶ人さえいるそう。

さるなしはモスグリーン色で、毛のないキウイを小さくしたような形。口に入れると、皮の厚いブドウみたいな食感😊

鉄分、ビタミンC、亜鉛を多く含み、あまりのおいしさに、猿がすぐに食べてなくなってしまう。そんないわれがある果物「さるなし」。キウイフルーツの近縁種の「こくわ」の実で、猿といわず人間もすぐ食べたくなる味だった。

キウイフルーツよりも香りが強く、微かな酸味と甘みがある。
キウイフルーツをぎゅっと濃縮したような味!

手が止まらな〜い😆

主な栄養素は

ビタミンCがレモンの約10倍
ビタミンEがアボカドの約2倍
βカロテンがキウィフルーツの約3倍
ルティンがキウィフルーツの約1.8倍
クロロフィルがキウィフルーツの約2.5倍
タンパク質分解酵素(アクチニジン)がキウィフルーツの約2倍
が入っているそうです。

その他、ポリフェノール、ペクチン、鉄分、カリウム
ビタミンB6、マグネシウムなどの栄養素も含んでいます。

たっぷり持ち帰ってきたので、さるなしジャムを作ってみました。

甘酸っぱい良い香りがして、煮詰めたら鮮やかな緑色から濃厚な色へ。

バナナとヨーグルトに添えて、いただきました!

美味しかった✨

フルーツ狩りして、ジャム作りなんて、「猫のしっぽ カエルの手」で知られるベニシアさんみたい😆

ステキ🌿

かねこやすこ

かねこやすこ

千葉県育ち。短大卒業後、5年間日本橋三越で勤務。その後、医療事務やエステティシャンとして働くが、夢だった外国暮らしを実現するためニュージーランドへ。現在の夫と出会う。帰国後もバックパックを背負い数十カ国を旅する。 2015年4月、横浜から伊那市新山へ移住。地域おこし協力隊として3年間活動後、2018年5月伊那市にてフェイシャルエステサロンを開業。https://biyori-facialsalon.com 現在、夫と7歳の息子と新山での田舎暮らしを満喫中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です